最新記事一覧

Web動画のナレーション

防音室

プロのクォリティを実現

最近では自社サイトへの集客や企業PR・商品紹介などの宣伝広告活動を目的に、Web動画を制作する企業が増えています。スマートフォンのカメラ機能やデジカメを使えばそうしたWeb動画を自分たちで制作することも可能ですが、そのままでは映像や音声の品質に問題が残るものです。動画の画質は機器の進化によって大きく向上したとは言え、たいていの企業担当者は音声の点で不満を感じています。アニメーションやCGを活用したWeb動画を制作する場合でもナレーションなどの音声は重要な役割を果たしており、会議室などを使って収録した音声では心許ないものです。企業イメージにも直結するWeb動画の音声クォリティを高めるには、ナレーションなどの収録に録音スタジオを利用するという手があります。音楽演奏やボーカルなどのレコーディングにも使われている録音スタジオは遮音性や音響効果を考慮した設計がされており、ナレーションの収録にも最適です。そうした録音スタジオを利用してプロのナレーターにWeb動画の音声収録を依頼すれば、動画のクォリティも飛躍的に向上します。ナレーションの原稿には文章言葉を話し言葉に置き換えるためのルールや、放送禁止用語を使わないといったマナーも存在するものです。経費節約のためにそうしたナレーションを社員に担当させ、録音に適さないオフィスで収録した場合は、Web動画のマーケティング効果にもマイナスとなります。ルールやマナーを守った上で原稿を作成し、音声収録に適した録音スタジオでナレーションのプロに原稿を読み上げてもらえば、理想的なWeb動画が制作できるのです。録音スタジオとの契約方法によってはナレーターやアニメ声優の手配に加え、エンジニアによる音声調整や編集作業も代行してもらえます。音声編集のプロが使う専用機材とオーディオ修復ソフトを利用すれば、不要な個所やノイズをカットした高品質の音声が得られるのです。